6月発表の5月雇用統計を受けて

勝手に市況展望です。6月2週目編

 

ADP雇用統計の順調さと比べると、5月雇用統計は二重丸とはならず!でしたかね。

 

さて、失業率の確かな改善に救われ、また市場関係者が注目していたと言っても過言ではない項目はクリアでしたね。良かったです。ひとまずは、目先の市況にネガティブな印象はなかったと思います。

 

次回も、失業率と非農業部門雇用者数に良き動きが続くことに注目です。

 

上記を受けて、米株式市場は上昇するもドル安、原油安の流れは頂けません。イベント前のドル安と原油安であると受け止めたいですが楽観はいけません。

 

他、ルルレモン(ヨガウェア)やブロードコム(半導体)、ワークデイ(クラウドアプリケーション)、デルタ航空の業績やら見通しが良かったことは、目先の市場に強気でいくきっかけになりますね。

 

ただ、原油安でのエネルギー等の景気敏感株の下落は気になりますね。日本株の化学株に注目です。

 

暗雲系として、パリ協定(環境系)からトランプ氏は離脱する方針を発表→イーロンマスク氏とボブアイガー氏が、トランプ氏の助言機関から離脱した件が気になりますね。

テスラ株とディズニー株は小幅下落。下げた内には入らないと思いますが。

 

週末からイベントが多々ありましたが株式市場は上昇すると見てます。スタンスは買い。ながらも、押しでの買いも頭に入れておきたいです。

 

米国はダウよりもナスダックが上げ幅優勢のようです。為替も先週よりも若干のドル安円高を想定します。来週は内需、通信、サービス企業が物色されると考えています。中小型株も同じく。

 

お勧め銘柄

HUG(1553円)  インフォコム(2103円) サイオス(888円) DDS(917円)

 

※6月8日はイギリスの総選挙らしいです。どちらに転んでも「欧州不安」はやめてくれよ。

 

☆コメント、要望などありましたらおねがいします。m(_ _)m