ハイテク株から金融株へシフトか?

先週の市場は保有している銘柄で暗雲が別れたのではないでしょうか。基本的に中小型株のゲーム、フィンテック、セキュリティ関連株の動きが良かったですね。おそらく来週も引き続くと考えています。しかし、週明けの物色を見極める必要があると思います。

 

アメリカではドッド・フランク法の可決がニュースで報じられていましたね。アメリカ市場は金融株が上昇していること、株価が比較的安いところで推移していることから、日米の金融株上昇が期待できると考えています。

 

一方、ナスダック指数は下落と利食いによる下落で下げた内には入らないかと思います。個人的にはエヌビディアが気になりますね。

 

仮想通貨が話題ですね。エボラブルアジアなど支払にビットコインが使えるみたいです。また、マイニングも注目しています。いわゆるビットコインの発掘作業です。ビットコインの取引情報を計算し公開するという作業みたいです。これはビットコインの公正性を示す作業みたいです。マイニングは報酬もあるみたいです。

 

マイニングには高性能なGPUが必要みたいです。マイニングは金などの発掘全盛期と似た性質があると考えています。資源が取れる鉱山所有者が、資源を発掘する労働者を雇い賃金を支払うというビジネスがありましたが、儲けが出たのは鉱山所有者と労働者ですが、資源を採掘する道具を提供した販売者もしかりです。マイニングに使われる半導体屋さんがそれに当たると考えています。また、取引所しかりです。

 

お勧め銘柄

タツモ(2382円) マネーパートナーズグループ(515円)