米国利上げ時期と為替について

世界的に株高、為替はドル安気味で推移というのが直近の動向と把握しています。

 

早速ですがタイトルの結論です。米国は金融緩和縮小するも慢性的な緩和状態が続き、ドルは金利チャートにサポートされ他通貨に対してドル高になると考えています。

※早くて今年の9月末頃〜来年1月と予想します。

 

☆ふりかえりとして☆

主に①世界的に経済指標、商品市況の継続的改善。②半年前やそれ以前に発生したリスクオフ材料の一旦の沈静。③企業決算の良好度合いが世界的だという環境というのが現在。

 

それらを踏まえて、米国中央銀行の今後の利上げについて私の考え↓

 

米国の経済指標を見るとGDP、消費、住宅の経済指標の継続的改善は周知の事です。加えて今年は利上げしてあと1回ではないかとの意見があります。私も今年の米国の利上げはあと1回だと考えています。理由は現FRBトップのイエレン氏の任期が今年までである事から、後任への置き土産として金融緩和策で発生した利金の再投資の減額は来年になると考えているからです。金融政策面でのドル高は来年からでしょうか。

 

現米国政権の政策についての私の考え

        ↓

 

直近のトランプ氏の政策動向は上手く行っていない事が現状(社会保障制度改革、インフラ整備、法人税改革)です。注視したいのは9月からの動向です。与野党法人税改革の議論が進めば相場も調子よくなると思いますし、野党も否定する理由はないと考えています。

 補足↓

トランプ氏の案は社会保障制度改革、インフラ整備、法人税改革の3つが柱であり3つが機能する事で、トランプ氏の言う強いアメリカになる事は把握しているところですが、インフラ整備と法人税改革はしっかりと議論していただきたいところです。9月はアメリカ議会が忙しくなる時期です。期待しています。

 

長くなりましたが以上です。