日本のGDP良かったですね。

流石に相場が下がると把握していても辛いものですね。だからと言って、空売りは入れきれずにもどかしいです。

 

だがしかし! 買いに行って良い相場と考えています。日本のGDPは良い結果だった事、企業決算が良かった事、高値から日経平均が約4%下げている事は十分に買う理由になると考えているからです。マザーズ指数もしかりです。

 

米国と中国の経済指標が予想より下回ろうとも、北朝鮮のミサイル問題等は1年に数回はある押し目買いのチャンスと捉えても良いかと、9月には米国議会も忙しくなる時期です。期待や悲観が混在する相場は宝物が出てきやすいです。去年の6月から8月を思い出してほしいです。大型株が軟調な時は中小型株が比較的物色されやすいです。

 

私も厳しい相場の中で宝物を探します。

 

今週は買えなくても、来週仕込む株を見つける時期であると思います。

 

夏は厳しい相場か殆どです。私も苦い経験は何度もあります。厳しい時期に宝物を探しましょう。

 

オススメ銘柄

ULSグループ、ケアネット、日水、インフォコム、klab