株安、円高は続くのか?

水曜からの下げがきついですね。目先は弱気になってしまいますが、落ち着いて取引しましょう。私も状況把握し行動します。

 

株安はバーゲンセールと、円高は海外株式の購入チャンスと捉えたいです。

 

さて、株式市場は大型株売り、中小型株買いの流れが強いですね。

 

特にショーケースTVはeスポーツの法整備や補助金の材料発生で上昇。住友鉱山は商品市況の上昇で上値を狙う展開。シンフォニアはロボット関連の資金移動で上昇。

 

また、サービスや商品の値上げや外国から新規で仕事を受注した銘柄が賑わっていると感じます。ヤマトHD、川崎重など。

 

今後は一週間単位での売買を心がける必要がありそうです。人気株に飛びついては次に移るイナゴ作戦が良いかと思います。

 

為替動向ですが、米国政府機関の閉鎖を2月8日まで延長するそうなので、それまでは円高気味に推移すると思われます。弱気になる必要はないと思います。

 

マクロ指標、政策などのシナリオ変更は日米欧では発生していません。1年間に1、2回訪れる一時的な円高と考えています。今年は期待インフレ指標の動向が株式市場に影響を与える年だそうです。注目です。

 

資金の流れは材料で急に変わります。外国人売買動向、決算シーズンなどイベント時の株式値上がり、値下がりランキングで資金の行き先を把握。

 

オススメ銘柄

ノムラシステム、ユビコム、パナソニック