今週の話題

インチェック事件(以下、CC)が先週末から取り沙汰されています。

 

顧客の資産が不正アクセスによって外部に持ち出されたと言う事件がありました。

 

CCの対応は流出した仮想通貨の取引がある顧客へ日本円で一部返金するという対応だそうだ。

 

結果論であるが、CCのセキュリティ対策に欠陥があった事が原因らしい。

 

流出したNEMという仮想通貨は流出発覚後に追跡対策がなされた。

 

CC事件後、国から各取引所を運営する企業へ検査に入るそうだ。

 

↓個人的に思うこと

取引している方は想定以上の損失を抱え相当なストレスを抱えていると思う。変動商品は自己責任という強い言葉があるが、今回は想定外のリスクが発生した結果でやるせないと思う。

 

CCに思うことは取引している方が取引注意を行っている以外での損失が発生しないよう整備してほしい。

 

普及や周知、認知されるためには通る道であり、不謹慎ですが仕方ないことであると思う。また仮想通貨がポケモンGOのように、テレビ発信で悪いイメージだけが先行して世の中に浸透され無いようにと思う。