米小売売上高指標の結果はいかに

北朝鮮ミサイル問題リスクは一時後退か!?

 

日米欧が北朝鮮に対して、何らかの外交手段を用いて封じ込めたい旨の発言をした事から買い優勢となりましたね。皆さんの保有株の動向は如何でしょうか?私は一旦利確です。笑

 

今日の相場で上昇していなくとも気にしないで良いかと思います。期待と悲観は常に混在します。ただ、迷う銘柄は入替えの機会と決断する方が良いかと思います。私も機械的な取引が出来ない時がありますし、気持ちが入った銘柄は引きずります。

 

さて、目先の相場はボラが大きいこと、資金は循環していることから保有株を一度売却しました。ただ、チャンスがあれば再度買い付けに回る予定です。

 

そのチャンスですが、基本は米国市場発の材料を機会として動く予定です。為替もドル高反転のタイミングを伺っているように感じます。

 

振り返りとして、日本はGDP推移が良好であることや、企業決算の良好さ、新たに総務省がAI開発の支援を考えている事がリスクを取る十分な条件が揃っている状態です。

 

海外を見るとドイツ、オーストラリア、イギリスは取引時間内外で金利、経済指標に少しばかりか不安材料があります。

 

米国市場は今晩小売売上高の発表があり、結果次第ではさらなる上昇が、見込める段階であると考えています。またインフラ投資への大統領令の件も期待を煽ります。

 

よって今日のみに対してですが、一度売却する理由がありましたし、タイミング次第では買う理由でもあります。皆さんは如何でしょうか。

 

目先の印象としては安川電、インフォテリア、klabなど決算後に上昇していく銘柄がチラホラ出てきました。上昇が続いている銘柄のセクターから決算が良好な銘柄を探してみるのも良いかとおもいます。

 

 

オススメ銘柄

三菱ケミカルソニー、サンコーテクノ、リクルート、インフォテリア。

 

投資情報サイトから

味の素、LINE、タカラレーベン山九