良い株と思っているが上がらない。

株式取引をするにあたって、銘柄の業務内容や決算、チャートは皆さん確認すると思う。だがしかし、日経平均株価TOPIX指数に置いていかれている銘柄を保有していることはあると思います。その場合資産効率の面で損切りは必要というのがセオリーだと思いますが、一旦置いときまして記事を書きたいと思います。

 

①マーキュリア

日本政策投資銀行の子会社。ファンド複数運用。決算推移良好、第三者割当増資や株式分割を行うも資金の有効活用が期待出来る。直近では米国の人工衛星関連のベンチャーに出資を行い将来のドル稼ぎも意識。

 

サイオス

システム屋さん。金融機関向け特許保有クラウド製品やAI開発。何かと収益がずれ込む傾向がある。開発費多め。

 

③フライトHD

システム屋さん。物流からネット通販まで幅広い。アップルペイで特許保有。安定して上昇トレンドを作ってくれない。

 

④ブロードバンドタワー

データセンター屋さん。決算が安定しない。しばらくはうまい具合に決算出すが続かない。

 

DENA

SNSやゲームで有名。上場から今まで収益部門を増やす。任天堂とも仲良し。

 

⑥リミックスポイント

今は仮想通貨関連として有名。自動車・旅行関係のシステムを行いながら、仮想通貨事業にも参入。売上高推移は良いと思うが。

 

アドソル日進

電力ガスシステムから大学など幅広いシステムを開発。IOT、EVにも参入。

 

何故置いていかれている?まぁヨイサプライズが、ないと言えばそうであるが。