ダウ平均約250ドル安も日経45円高

商いが薄い中でも値上がり率10%以上の銘柄は出てきますね。物色意欲は無くなっていないよいです。

 

まだ米金利、為替、海外情勢に振り回される展開を予想していますが、週足安値近辺や各節目での売買スタンスは継続だと思います。

 

市場関係者から今までの適温相場がイレギュラーで、ファンダメンタルズが良好下での金利上昇は普通とのコメントが出始めてきています。

 

PTS値上がり上位銘柄を割り切って売買する取引から市場、業種、好業績銘柄を売買する取引へ移行する段階だと考えています。

オススメ銘柄

エフシーシー

ホンダのクラッチ系。決算、チャート良好。株価指標一部物足りない感あり。EV関連株化期待。

 

セレス

ネット広告、ポイントサービス事業好調。通気は強気。来期見通しニュートラル/弱気。仮想通貨事業も良い流れ。

 

ユビコム

システム開発が思う、医療システム分野も特許保有。決算良好、株価仕込みづらいか?去年株式分割2回行う。需給関係が懸念材料か?

 

日本株は3連騰も本日売り優勢

今週月曜日の立上りは良かったですが、流石に約1,000円上昇から一時300円の下落は仕方なし雰囲気がありました。という火曜日でした。

 

さて、化学・鉄鋼株は売られましたが自動車界隈の株は強かったです。トヨタは最近値持ちが良いですね。良い傾向だと思います。

 

中小型株はバイオ株が強かったですね。仮想通貨関連株は取引終了にかけて売り優勢になりました。

 

今後は米国市場動向がメインになります。休み明けの立上りは重要です。

 

株価指標も調整、金利も調整、VIXも調整、ドル安も落着き。残り3日で株価がどの水準まで戻るかが見どころだと思います。

 

また欧州では選挙も控えています。しばらくはPTS市場値上がり率ランキング上位銘柄を割り切って取引する方法をオススメします。

オススメ銘柄

ミックスポイント

仮想通貨で有名であるが本業は自動車情報サイト。今期決算良好、来期も期待大。目先の株価も上昇トレンドに転換か?

 

NEC

国内PC市場で全盛期を迎えた時期もあるがここ数年は厳しかったが、通信インフラ事業強し。ここ数年は事業の採算改善傾向。直近はリストラなど行う。また子会社が強い。子会社の動向注視(日本航空電子)。

 

アイサンテクノロジー

決算良好。測量システム強し。今後の3次元地図データに注目。

 

インフォメーションクリエイティブ

日立グループ系が6割。システム開発・運用。訪日外国人ターゲットにSNS活用。今後に期待。売上高、純利益、株価の推移は買いと思います。

やはり外資売買動向次第か?

今週を振り返ると結果上昇でしたね。米国のCPIが良好な結果で金利が上昇し、株式が売りに動くと思いきや上昇でしたね。

 

しばらくは、イベント後の市場動向でイベント結果の良し悪しを判断して良いかもしれないです。経済指標で金利が動き、株価が左右する。確認しながら市場に参加したいところです。しばらくは週足目線で売買の判断が宜しいかと思います。

 

今週前半は銘柄、日柄調整しながら週後半は買い優勢でした。

 

日銀発言として、ETFの買いましは意味のあること発言、為替についての言及も良かったです。来週は米中市場が休場日があります。休み明けの立上りに注目です。

 

ただ、やはり海外投資家の動向次第だと思います。ダウやナスダックが上がれば東京市場も上昇する連動性を取り戻しつつあります。

 

為替がドル安基調でも株式に資金が流れてくるのは値頃感の買いとポジション調整が進んでいるサインであると思います。来週も注視です。

 

VIXですが落ち着いてきましたね。良い傾向と考えています。

 

VIX指数連動型商品が償還になりました。作ったところも予想外のボラが発生し、返済やポジション調整の売りを誘発させてしまったのかもしれないです。

 

米国の保険会社はVIX指数がある一定の水準になるとキャッシュにしないといけないらしいです。先週から今週末にかけてある程度、キャッシュにしているはずです。イベント前のVIX指数の動きに注目です。

株式市場の3ヶ月注視ポイント

個人的に。

株式市場はトレンドについていくのがベターであると、私は思っているしそう行動します。(やり方はひとそれぞれ)

 

だがしかし、一旦トレンドが転換局面にあると思われる場合に私は買いの手を止めてします。

 

買う局面なのか、売る局面なのかが分からない、判断出来ない場合にとった商いでニガイ思い出が多い。

 

だから手を止めてしまうし、手数が減る。

 

最近は週足安値近辺で買い注文。利益が出たら小幅でも売却を優先し出来るだけキャッシュで週末を向かえている。

 

その上でしばらくは投資感の確認と目安の設定を記事にしたいと思う。

 

投資感の確認

これからの3ヶ月間はもみ合いを想定します。

米国債金利上昇ペースが、市場が想定するより早いから売りを誘発させたのなら、金利上昇が早いという環境で発表される経済指標を株式・為替市場がどう判断(買い・売り)するのかを確認する必要があると思います。

 

買い上げる理由、売り切る理由を市場参加者は求めていると思いますし、もみ合いを想定しているのは下落がはじまる3ヶ月前までは景気判断、企業業績の良さが下支え要因であり買う理由だったからです。急に悪化するときは季節要因(寒波など)と考えています。何より経済金融政策のシナリオ変更がない事が下値不安をあまり意識されないと思っているからです。

 

投資感の目安

目安は各政府・中央銀行発言やいつもの経済指標が良いと思います。

 

追加項目

VIX指数動向、オプション玉。

最近は市場コメントにVIXとオプション動向を良く目にします。相場感に必要な目安なのでしょう。

 

 

 

ラウンドワンとちょっと来週

決算良かったと思います。

前年同期比営業利益の伸びっぷりが良かったです。好決算だと思います。

 

株式市場全体は依然ボラが高いと思いますが、値幅が落ち着いてくると思っています。

 

今回の相場波乱は景気にダメージを与えないという見解、米国も予算合意を発表。

 

今月12日には1.5兆ドルインフラ投資計画発表、米2019年度予算教書公表の予定があります。金利動向とインフラ案件を株式市場がどう受け取るのか注目です。

 

金利上昇基調によって市場はまだ疑心暗鬼でありますが5日間の波乱は収束、調整していっていると思います。次はVIX指数の推移が落ち着いてくる段階に入ると思われます。

 

心理が落着き、指数が反映してくれると思います。

 

大型株がブレ、中古型株が物色される展開を予想します。